中古のコピー機についてのいろは。 TOP

このサイトについて

一般的に”コピー機”という言葉で広く流通しているあの大きな物体。
会社、業者はもちろんのこと、近年ではコンビニエンスストアや100円均一ショップで当たり前のように見かけ、さらにはマンガ家などの個人宅におかれているケースもあります。
このコピー機、正式名称は”複写機”という名前です。

コピー機の主な機能として挙げられるのが、複製です。
紙媒体のメディア(本、原稿など)を新しい紙に複製を取れるものです。

現在、コピー機は各大手メーカーが製造、販売しています。
その性能、機能、複製の仕上がりはメーカーによって大きく異なります。

特に複製の仕上がりに関しては、メーカーを選ぶうえで大変重要なポイントになります。
モノクロコピーの際はメーカーによる違いはさほど感じられませんが、カラーコピーとなると、その差が大きく反映されます。

また、コピー機は新品販売と中古販売があります。
中古販売は使用年数によって価格の相場が変わると言われています。
もちろん、新品が最も長く使用できますが、中古でも使用感は新品とほとんど変わりません。

コピー機は本体価格も部品価格も決して安価とは言い難いものですので、近年は中古のコピー機を導入している会社、業者なども数多く存在しています。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    外出時にお手元の携帯へ転送できて、相手先番号の表示も可能な多機能転送サービスを考えているなら、かかってきた電話を転送元の電話機を呼び出すことなく直接転送が可能なのでオススメです。
    導入後にコスト削減効果が実感出来ない場合、サービス解約にかかる費用を全額負担してくれるソフトバンクのおとくラインを考えているなら、基本料金や通話料を削減出来るのでオススメです。
    Copyright(C) 中古のコピー機についてのいろは。 All Rights Reserved.